2019年02月22日

吉野梅郷 梅まつり

 2月24日(日)から3月24日(日)の日程で梅まつりが開催されます。青梅市梅郷地区では、期間中に様々な催しが企画されています。
 即清寺でも、地域の有志の方々の協力で客殿書院に、ひな人形とつるしびなが飾られています。
 3月10日の日曜日は夕方4時から柚木町在住のピアニスト・シンガーソングライターの光野真理さんのチャリティー奉納演奏も企画されています。
 多くの方々のお参りをお待ちしています。
posted by 即清寺 at 15:10| Comment(0) | 日記

2019年02月18日

青梅マラソン

 2月17日は青梅マラソンが開催されました。即清寺とは多摩川を挟んで対岸になる青梅街道を多くのランナーが駆け抜けていました。即清寺の境内からも大勢のランナーの姿が眺められました。
IMG_1408.JPG

IMG_1407.JPG

 今年のNHK大河ドラマは「いだてん」というタイトルでマラソン選手の金栗四三さんが主人公のおはなしです。この「いだてん」という言葉は仏教を守る神様のお一人である「韋駄天」が語源といわれています。お釈迦様が涅槃に入られた時、一人の鬼神が遺骸から歯を抜いて持ち去りました。その鬼神を追いかけて、奪われた歯を取り戻したのが、この「韋駄天」であったことから、とても足の速い人や様子を「韋駄天のようだ」「いだてん走り」など例えに使われるようになったそうです。
 「韋駄天」は仏教では健脚と盗難除けに霊験のある諸天善神として祀られています。

posted by 即清寺 at 15:07| Comment(0) | 日記

2019年02月17日

涅槃会(ねはんえ)

 2月15日は涅槃会でした。涅槃会とは、仏教の開祖であるお釈迦様が入滅、すなわちこの世から去られた日です。即清寺でも涅槃図というお釈迦様のこの世での最期の様子が描かれた絵を飾ってご供養しました。即清寺の涅槃図は江戸時代の安政年間に描かれた、縦3メートル、横1メートルの大変大きな掛け軸です。今年は御詠歌講の方たちがお釈迦様の最期の様子を歌にした「無住処和讃(むじゅうしょわさん)」「涅槃和讃」などの御詠歌をお唱えし、供養していただきました。
 よしの保育園の年長組の園児も参拝し、紙芝居を見ながら、お釈迦様の教えについて学びました。
IMG_1380.JPG
posted by 即清寺 at 16:37| Comment(0) | 日記