2019年04月21日

愛宕神社祭礼

 21日は柚木町愛宕神社のお祭りでした。柚木町の一丁目から三丁目まで山車が曳かれ、お囃子で一日中にぎやかでした。
IMG_1689.JPG
 神社拝殿では、祭神の愛宕権現勝軍地藏菩薩の御宝前で、地域の安寧と五穀豊穣を願い、宮司により祝詞(のりと)がささげられました。神社の行事ですが、即清寺の鎮守の神様でもあるので、住職も参列して玉串を奉納します。
IMG_1690.JPG
posted by 即清寺 at 22:02| Comment(0) | 日記

2019年04月16日

柚木町愛宕神社例大祭

 4月21日は柚木町の鎮守社である愛宕神社のお祭りです。愛宕神社は即清寺開創と共に、その鎮守として創建され、江戸時代まで即清寺住職が別当(べっとう:神社を管理する僧侶)を勤めていました。ご神体は勝軍地藏尊で、神仏習合の名残を今に伝えています。
IMG_1672.JPG
 当日は町内、吉野街道を山車が曳行(えいこう)され、祭囃子で賑やかな一日となります。
 4月の終わりには、神社参道のツツジの花が、真っ赤に咲き誇り、そちらも見事です。
posted by 即清寺 at 09:53| Comment(0) | 日記

2019年04月11日

説法ナイト

 9日に江東区住吉にある終活カフェ「ブルーオーシャンカフェ」で開催された説法ナイトに参加してきました。説法ナイトは法話研鑽会の活動の一つで、前半は声明(しょうみょう)ライブとして節のついた歌のようなお経や御詠歌をお唱えし、後半は大喜利説法と称しまして、会場の聴衆がその場で出したお題で短い法話を考えて披露するというものです。20人ほど入るといっぱいになるほどの広さの会場に17名の方が集まり楽しんでいただきました。「ブルーオーシャンカフェ」ではバーテンダーの経験をお持ちの群馬県邑楽郡・黄檗宗寳林寺・海野峻宏師が「海坊主バー」という坊主バーを定期的に開催していて、その日に合わせての開催となりました。
説法ナイト.jpg
前半の声明ライブでは「四智梵語」(しちぼんご:御仏のもつ四種の智慧を讃える、法会の最初に唱えられることが多いお経)「散華」(さんげ:蓮の花弁をかたどった札を撒いて法会にいらした御仏を供養する時のお経)「錫杖経」(しゃくじょうきょう:錫杖の音を聞くことで得られるご利益を説いたお経)の3種の声明と御詠歌2曲「花まつり和讃」「追善供養和讃」をご披露しました。
説法ナイト2.jpg
 大喜利説法は来場者全員にお題を投稿いただきました。「マラソン」「坐禅」「ゆとり世代」「台北」など様々なお題・難題が出されました。
 法話研鑽会からは
横浜市西光寺・杲潤師
流山市圓東寺・俊康師
埼玉県美里町普門寺・弘道師
奥多摩町丹三郎長福寺・正見
の4名が出演しました。

 イベント終了後は、「国宝なぞり描き」など多くのベストセラーがあるイラストレーターの田中ひろみさん、仏像オタクニストとして仏教と仏像の魅力を多くの人に伝える活動をされているUSEN1位アーティストでもあるSALLiAさん、アフリカへの旅を志す青年、日本を皮切りに世界を旅しようとしている海外からのお客様、イベントには仕事で間に合わなくても駆けつけてくれた男性など、多くの方と自由に話をすることができ、楽しい時間を過ごしました。

posted by 即清寺 at 17:39| Comment(0) | 日記