2020年03月19日

彼岸会

 17日から23日までは春のお彼岸です。春分の日、秋分の日を境に昼と夜の長さが逆転する、また、太陽が西方極楽浄土の方角にまっすぐ沈む日でもあるということで、先祖崇拝と結びつき、お墓参りや菩提寺の御本尊に手を合わせる習慣が生まれたといわれています。1200年前、陰謀に巻き込まれ、無実を訴えながら非業の死を遂げた早良(さわら)親王の御霊を慰めるための供養会が始まりともいわれています。カタクリの花が見ごろを迎え、桜やハクモクレンの蕾もだいぶふくらんできています。日々、見守って下さることに感謝しながら、ゆっくりとお墓のご先祖様と、本堂の御本尊に手を合わせて頂ければありがたいです。
IMG_3157.JPG
 よしの保育園の年長さんが、お彼岸に合わせ、卒園前の最後の参拝に来ました。コロナウイルスの感染防止で休校になっている近所の小中学生も、一緒に坐禅に参加して、ご先祖様からつながっている大切な命のお話しを聴いていきました。
 
posted by 即清寺 at 15:35| Comment(0) | 日記