2018年07月06日

施餓鬼会の夏

 西多摩地区の真言宗豊山派寺院の施餓鬼会(せがきえ:生前の欲張り過ぎた行為により、飲食ができない世界である餓鬼道に落とされ、餓えの苦しみから逃れられない霊魂を参拝者の祈りで救い、功徳を積む行事)が始まりました。5日は青梅市二俣尾の泉藏院の施餓鬼会でした。泉藏院さんは地元のグラスヒュージング作家、るりいろ工房の吉村佳映(かえい)氏作のガラス製曼荼羅が本堂内で輝く素敵なお寺です。御本尊は如意輪観音様です。境内には大きな閻魔大王様がいらっしゃいます。
IMG_0498.JPG



本日の職衆
泉藏院住職、崇峻僧正:導師
青梅 金剛寺住職、滋海僧正:経頭(お経の唱え始めの一節を発声し調子をとる役目)
長福寺、正見:詠頭(御詠歌の始めの一節を唱え始める役目)
多摩市関戸 観音寺住職、禎信僧正:堂達(銅鑼を打つ役目)
青梅 金剛寺副住職、弘知僧都:讃頭(節のついたお経である声明の最初の一節を発声する役目)
posted by 即清寺 at 07:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: