2018年08月01日

大悲願寺施餓鬼会

 7月19日は五日市にある大悲願寺の施餓鬼会でした。大悲願寺さんは西多摩地区の真言宗豊山派寺院では最も規模の大きなお寺で、かつては僧侶の修行道場でした。2月の節分会、4月の大般若法要と国の重要文化財に指定されている、阿彌陀三尊像の御開帳の時には大変な賑わいを見せます。この、大悲願寺さんの施餓鬼会が西多摩地区の豊山派寺院では最後となります。


本日の職衆
大悲願寺住職、章雄權大僧正:導師
即清寺住職 秀丸:経頭(お経の唱え始めの一節を発声し調子をとる役目)
日の出町平井 常福寺住職、匡史僧正:施餓鬼経頭(施餓鬼棚供養のお経の唱え始めの一説を発生する役目)
あきる野市草花 大行寺住職、清邦僧正:三臈(さんろう:序列3番目の僧侶)
日野市豊田 地藏院住職、秀順僧正:四臈(しろう:序列4番目の僧侶)
あきる野市引田 眞照寺住職、暢芳僧正:後讃(法要の後半に唱える声明の最初の一節を発声する役目)
八王子市川口 圓福寺住職、俊聖僧正:六臈
八王子市川口 今熊山正福寺住職、慈明僧正:七臈
日の出町平井 常福寺副住職、匡広僧正:八臈
青梅市友田 花藏院住職、純榮僧正:九臈
檜原村 寶藏寺住職、章仁僧都:十臈
長福寺、正見:十一臈
東大和市芋窪 蓮華寺副住職、榮薀僧都:十二臈
五日市伊奈 龍性寺住職、光信僧都:十三臈
日野市豊田 地藏院副住職、斉海僧都:堂達(銅鑼を打つ役目)
大悲願寺副住職 章聡僧都:讃頭(節のついたお経である声明の最初の一節を発声する役目)

法話布教師:即清寺、秀丸                                          
posted by 即清寺 at 09:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: