2019年05月18日

日の出町大久野西福寺大般若法要と梅郷八坂神社祭礼

 18日は日の出町大久野にある西福寺の大般若法要でした。この法要は六百巻ある大般若経典を、僧侶が大声を張り上げて「大般若波羅蜜多経・・・」と表題を読み上げながらバラバラと経典をめくる(転読といいます)法要です。この経典をめくるときの風に当たるだけで功徳を積むことができるといわれています。イメージが湧かない方は「大般若法要」で画像検索してみてください。西福寺の大般若法要は、西多摩地区では大きな法要の一つで、大勢の僧侶が経典を転読する様子は、とても迫力があります。

 また、18日・19日は梅郷六丁目(上郷地区)の氏神である八坂神社の例大祭です。八坂神社は梅郷地区と柚木町の境界となっている明王沢の対岸、寺の東側にある神社です。例年8月にお祭りを行っていましたが、近年の猛暑もあり、5月に開催することにしたそうです。18日に梅郷六丁目の町内を山車が巡行するほか、近隣地域では山車が主流のため、あまり見かけない御神輿も担がれるお祭りです。
IMG_1810.JPG
 山の中にある、普段は静かな神社です。20年ほど前に火災で社殿が全焼しましたが、氏子の方々の力で無事に再建されました。
IMG_1811.JPG






posted by 即清寺 at 23:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: