2020年02月07日

節分会

 2月3日は節分会、大きな寺院では芸能人や有名力士が豆まきをしてニュースにも取り上げられます。即清寺の住職、副住職は五日市の大悲願寺の節分会に毎年、職衆として参加しています。大悲願寺の節分会は西多摩地区では有数の規模で参拝者も年々増えているようです。
 門前の通りを御詠歌衆が御詠歌をお唱えしながら先導するお練り供養で、職衆が山門から堂内へ移動します。住職が護摩修法を行い、大勢の職衆が錫杖経、太鼓が鳴り響く中で観音経などを唱え、詠歌衆が節分会和讃という御詠歌をお唱えする、とても賑やかで見ごたえのあるご供養です。供養の後は暴れる鬼を、僧侶や裃(かみしも)を着けた年男、年女の方が護摩で供養した豆をまいて取鎮めます。
IMG_2963.JPG
 私、即清寺の副住職は説戒師という、お堂の前でマイクを持って、供養の様子やお経の説明をする係でした。人前で話す役なのでとても緊張しました。
IMG_2964.JPG




posted by 即清寺 at 23:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: