2020年06月16日

青葉まつり

 弘法大師空海さまご生誕の日(6月15日)と興教大師覺鎫(かくばん)さまご生誕の日(6月17日)をお祝いする行事です。
 6月15日に御詠歌講の有志の方が久しぶりに集まって、「宗祖弘法大師誕生和讚」「両祖大師誕生和讚」という御詠歌をお唱えしお祝いしました。
 また、お大師さまが嵯峨天皇に般若心経の写経を勧めて、疫病を鎮めた故事に習い、「般若心経讚仰(さんごう)和讚」を新型コロナウイルスの終息を願い、お唱えしました。
IMG_3424.JPG
 弘法大師さま(お大師さま)は宝亀5年(774年)讃岐国多度郡、現在の香川県善通寺市でお生まれになられました。
IMG_3425.JPG
 興教大師(こうぎょうだいし)覺鎫(かくばん)さまは、嘉保2年(1095年)肥前国藤津庄、現在の佐賀県鹿島市にお生まれになられました。
 真言宗中興の祖であり、衰えかけた高野山を復興し、絶えていた法会を再興するなど、お大師さまの教えと真言密教が今に伝わる礎を築かれた方です。高野山再興の目的を果たされた後は、和歌山県に根来寺を建立された方でもあります。



posted by 即清寺 at 07:16| Comment(0) | 日記

2020年05月11日

山王権現社祭礼

  10日は山王権現社の祭礼でした。今年は新型コロナウイルスの影響で地域の役員の方数名が集まって、小規模な御祈願のみという形での開催となりました。地域の安寧と疫病の早期終息を住職が御祈願しました。
 山王社は、即清寺境内の裏山にあるかつての鎮守のお社で、覆堂(おおいどう)の中の小さな祠(ほこら)は地域で最も古い建築物です。中には僧形の御神像が安置され、5月の第二日曜日に扉が開かれ、法会が行われます。
 住職が神様のお社の供養を行う、神仏習合を今に伝えるお祭りです。
IMG_3327.JPG
 山王権現社の覆堂です。中に小さいですが、彫刻の施された祠があり、御神像が安置されています。祠はだいぶ傷んできたので3月に修繕し、覆い堂もきれいに直しました。中の祠が見づらくなってしまったのですが、文化財保護のため、ご理解ください。
 
posted by 即清寺 at 12:04| Comment(0) | 日記

2020年04月23日

柚木町愛宕神社祭礼

 21日は柚木町愛宕神社のお祭りですが、例年は山車が曳かれ祭囃子でにぎやかな一日となりますが、今年は新型コロナウイルスの緊急事態宣言のため、神事のみ行われました。住職は明治の神仏分離まで、即清寺住職が神社の別当職を兼ねていた関係で、拝殿の中で神事に参加しました。副住職も散歩がてら拝殿の外から、新型コロナウイルス流行の早期終息を祈願しました。同じ思いで、神社に参拝される方ともすれ違い、お互いの無事を励ましあいながらの参拝でした。
posted by 即清寺 at 08:51| Comment(0) | 日記