2018年07月16日

東圓寺施餓鬼会

 10日は河辺にある東圓寺の施餓鬼会でした。東圓寺は阿彌陀如来が御本尊のお寺です。法要の前に豊山派仏教青年会の和太鼓奉納演奏が行われました。和太鼓は、プロの和太鼓奏者である林英哲氏作曲の六大響、千の海響の演奏の後、参拝の方々の読経の声に合わせての般若心経でした。とても暑い日でしたが、大勢のお参りの方でにぎわっていました。
 

IMG_0519.JPG

本日の職衆
東圓寺住職、純榮師:導師
青梅市成木 高水山常福院住職、定融師:回向(法要の一番最後のお経の唱え始めの一説を発声する役目)
青梅市二俣尾 泉藏院住職、崇峻師:経頭(お経の唱え始めの一節を発声し調子をとる役目)
栃木県茂木町 大樂寺住職、崇慧師:施餓鬼経頭(施餓鬼棚供養のお経の唱え始めの一説を発生する役目)
奥多摩町丹三郎 長福寺住職 正見:打鳴(うちならし:施餓鬼塔婆供養の時に金を打ち鳴らす役目)
青梅市今井 藥王寺副住職、貴志師:堂達(銅鑼を打つ役目)
調布市 常性寺副住職、昌憲師:讃頭(節のついたお経である声明の最初の一節を発声する役目)

和太鼓奉納演奏太鼓衆
豊山太鼓千響 東京六号仏教青年会メンバーより
東圓寺住職
泉藏院住職
長福寺
青梅市滝ノ上 東光寺副住職、敏誉師
東大和市奈良橋 雲性寺副住職、光也師
posted by 即清寺 at 08:46| Comment(0) | 日記

2018年07月09日

大久野西福寺施餓鬼会

 8日は日の出町大久野にある西福寺の施餓鬼会でした。西福寺さんは不動明王がご本尊で、1月に行われる柴燈護摩(さいとうごま:僧侶や修験者が野外で大きな火を焚いて祈りを捧げる護摩供養)火渡り荒行は西多摩地区でも大きなお祭りの一つに数えられています。日曜日ということもあり、本堂の外まで席が設けられ、参拝の方が大勢座る中での法要せした。
 西日本では、大雨による水害で多くの方が被災され、命を失われた方も大勢いらっしゃいます。西多摩の各寺院で施餓鬼供養は続きますが、大阪での地震と合わせ、命を失われた方々のご冥福と被災地のいち早い復興を祈念してまいります。

本日の職衆
西福寺住職、眞海權大僧正:導師
五日市 大悲願寺住職、章雄師:回向(法要の一番最後のお経の唱え始めの一説を発生する役目)
あきる野市草花 大行寺住職、清邦師:経頭(お経の唱え始めの一節を発声し調子をとる役目)
さいたま市岩槻 正藏院住職、教哲師:施餓鬼経頭(施餓鬼棚供養のお経の唱え始めの一説を発生する役目)
日野市豊田 地藏院住職、秀順師:四臈(しろう:序列4番目の僧侶)
あきる野市引田 眞照寺住職、暢芳師:五臈
八王子市川口 圓福寺住職、俊聖師:六臈
日の出町平井 常福寺副住職、匡広師:後讃(法要の後半に唱える声明の最初の一節を発声する役目)
青梅市大柳 清寶院住職、隆全師:八臈
青梅市友田 花藏院住職、純榮師:九臈
青梅市天ケ瀬 金剛寺住職、滋海師:十臈
檜原村 寶藏寺住職、章仁師:十一臈
長福寺、正見:十二臈
西福寺 尚道師:堂達(銅鑼を打つ役目)
川崎市 王禪寺副住職、光彦師:讃頭(節のついたお経である声明の最初の一節を発声する役目)

八王子市 今熊山正福寺住職、慈明師:会奉行(法要が滞りなく進むように様々な案内をする役目)
西福寺副住職、仁海師:承̪仕(じょうじ:法要の進行を脇から支える役目)
地藏院副住職、斉海師:承仕

法話布教師:地藏院住職、秀順僧正                                          
 
posted by 即清寺 at 11:19| Comment(0) | 日記

2018年07月06日

施餓鬼会の夏

 西多摩地区の真言宗豊山派寺院の施餓鬼会(せがきえ:生前の欲張り過ぎた行為により、飲食ができない世界である餓鬼道に落とされ、餓えの苦しみから逃れられない霊魂を参拝者の祈りで救い、功徳を積む行事)が始まりました。5日は青梅市二俣尾の泉藏院の施餓鬼会でした。泉藏院さんは地元のグラスヒュージング作家、るりいろ工房の吉村佳映(かえい)氏作のガラス製曼荼羅が本堂内で輝く素敵なお寺です。御本尊は如意輪観音様です。境内には大きな閻魔大王様がいらっしゃいます。
IMG_0498.JPG



本日の職衆
泉藏院住職、崇峻僧正:導師
青梅 金剛寺住職、滋海僧正:経頭(お経の唱え始めの一節を発声し調子をとる役目)
長福寺、正見:詠頭(御詠歌の始めの一節を唱え始める役目)
多摩市関戸 観音寺住職、禎信僧正:堂達(銅鑼を打つ役目)
青梅 金剛寺副住職、弘知僧都:讃頭(節のついたお経である声明の最初の一節を発声する役目)
posted by 即清寺 at 07:37| Comment(0) | 日記