2020年03月10日

吉野梅郷うめまつりと雛飾り

 梅の花も満開となり、即清寺のある吉野梅郷地区もうめまつり真っ盛りのはずですが、主に土日に開催される大きなイベントは全て中止となりました。
IMG_3124.JPG
 例年通り雛人形とつるしびなを客殿書院に飾っています。雛祭りの起源は諸説ありますが、無病息災、厄災消除の祈願が込められていることもいわれの一つのようです。
IMG_3123.JPG
 外出には二の足を踏まれる方も多いこととは思いますが、気晴らしにお散歩され即清寺に立ち寄られた際は、ぜひご本尊様にもご自身それぞれの願いに付け加えて、コロナウイルス感染の一刻も早い終息を共に願って手をあわせてください。
posted by 即清寺 at 15:29| Comment(0) | 日記

2020年02月10日

即清寺涅槃会

 2月15日は涅槃会です。涅槃会とは、仏教の開祖であるお釈迦様が入滅、すなわちこの世から去られた日です。即清寺でも涅槃図というお釈迦様のこの世での最期の様子が描かれた絵を飾ってご供養します。即清寺の涅槃図は江戸時代の安政年間に描かれた、縦3メートル、横1メートルの大変大きな掛け軸です。14日の10時30分ごろから御詠歌講の方たちがお釈迦様の最期の様子を歌にした「無住処和讃(むじゅうしょわさん)」「涅槃和讃」などの御詠歌をお唱えして供養します。
 涅槃図は現在本堂で公開していますのでどなたでもお参りできます。
 防犯や文化財保護のため本堂正面の扉が閉まっている場合は庫裏客殿の玄関で申し出ていただくか、電話で問い合わせていただければご覧いただけます。
posted by 即清寺 at 23:59| Comment(0) | 日記

2020年02月09日

西新井大師お話し会

 2月11日に、足立区の西新井大師總持寺で法話研鑽会のお話し会があります。不動堂で10時から15時ごろまで行われる法話会です。それぞれ青年僧侶が交替で20分程度の法話をお話しします。ふらっとお堂に入って、聞きたいだけお話を聴いて、途中でも出入り自由、椅子に座って身軽に聴いていただけるお話し会です。横浜市青葉区西光寺住職・杲潤師、板橋区中台の延命寺・龍雅師のお二方が今のところ登壇を予定されています。ぜひ、お出かけください。
 3月11日にも同様に西新井大師お話し会が開催されます。

 また、2月10日の午後1時から3時頃まで、文京区にある真言宗豊山派大本山護國寺の本堂で宗派の事相養成所で、様々な供養や法要の作法、声明、お経を研修している若手僧侶が大般若法要を執行します。説戒という説明役の僧侶もいるようですので、ご興味ある方はぜひ立ち寄ってみてください。

 即清寺では涅槃会に備え、涅槃図の大掛け軸を本堂に飾りました。スギ花粉や野生動物の侵入、防犯上の理由で本堂正面の扉が閉まっていることがありますが、庫裏客殿の玄関インターホンや電話などでお知らせいただければ、どなたでもお参りできます。
posted by 即清寺 at 09:19| Comment(0) | 日記